血液をサラサラにするためにはストレスも上手にコントロールしよう

血液をサラサラにするためにはストレスも上手にコントロールしよう

先日の記事で魚の脂肪は積極的にとお話ししましたが、魚の脂肪には血液をサラサラにすると話題のDHA(ドコサヘキサエン酸)、とEPA(エイコサペンタエン酸)が豊富に含まれています。

どうしてDHAとEPAが血液をサラサラにするのかを簡単に説明すると、血液中の成分である赤血球を柔軟に、柔らかくするため、細い毛細血管に入っても血液が流れやすくなることや、血液中の脂肪や糖、コレステロールの排出を促すからです。

血液サラサラという言葉が一時期ちょっとしたブームのようになったことがありましたが、それはどんな食べ物がいいのかとか何を食べるべきなのかといったように、食事面の話題が中心でした。

しかし、血液サラサラのためには、食事に気をつけるだけでは十分とは言えません。

意外に知られていないのが、ストレスが血液をドロドロにしてしまうということです。

過剰なストレスがかかった状態が続くと、血液中には活性酸素が大量に発生し、白血球が不良化されてベタベタくっつくようになります。

また、ストレスは血管を収縮させて、血流を悪くさせ、血圧を上げることもわかっています。

現代社会に生きる私たちは完全にストレスから逃れることは難しいでしょう。

ストレスは上手にコントロールすることが求められますし、そのコントロールの方法も人それぞれです。

多くの方は好きな趣味に打ち込んだり、スポーツなので気分転換という方が多いでしょう。

また、ストレスで活性酸素が多く生成したとしても、普段から抗酸化物質の豊富な緑黄色野菜などを積極的に食べるようにしていれば、血液はサラサラに保てますし、活性酸素による様々な害も防ぐことができます。

ここまでお話ししたことを考えると、現代人はストレスから完全にフリーになることはできないということを理解したうえで、緑黄色野菜など抗酸化物質を豊富に含んだ食材を使った食事を気の置けない友人たちと楽しむというのが、ストレスを上手にコントロールすることにもつながるのでおすすめです。

2016年2月 3日|